最近の永久脱毛は痛くないって本当?

昔、まだ永久脱毛であるニードル脱毛が主流だった頃、施術時の痛みは言葉に現わせない程だったと言います。

ニードル脱毛はその名の通り、細い針を毛穴に通し、電流を流して脱毛すると言うもの。こうして見るだけでも結構な刺激がありそうですが、実際に電流を流す際にかなりの痛みを伴いました。

 

当時の脱毛は高価で、今では20万程度で全身脱毛を受けられるとはいえ、かつては現代の100万円の価値があったとされています。

それでも、美を追求する女性達に永久脱毛は選ばれてきました。

ところが、そんな高額なお金を支払っていてもあまりの痛みにリタイヤする者も多く、痛みに耐えきれず途中で辞めてお金だけ支払っていた例もあると言います。

 

レーザー脱毛は痛くない?

 

それだけ痛みが強かった当時の永久脱毛ですが、時代が進んで現代まで来ると、医療レーザー脱毛という新しい脱毛方法も開発され、今ではそちらが主流となっています。

ニードル脱毛とレーザー脱毛では、脱毛のシステムも違いますし、料金も痛みも効果も全く違います。

痛みが強く、時間もかかり料金も高いニードル脱毛は、その代わり効果の高さはお墨付きでした。一度やると二度と生えてこないと言われた程です。

 

今のレーザー脱毛は痛みが少ない

 

対してレーザー脱毛は、時間がかからず料金も手頃で、痛みもほとんどありません。その代わりに効果の高さはニードルに及びませんが、毛周期に合わせて5、6回施術すれば、永久脱毛が完了します。照射の幅が広いため、手間がかからないのが魅力です。

「綺麗になりないなら少しくらい痛くても我慢」ということをよく耳にすると思いますが、「少し」というところがミソで、それを超える痛みを感じてしまえばもうやりたくなくなるのは当然の事です。

物凄く痛い昔のニードルと、少しだけ熱さを感じる現在のレーザーでは、レーザーの方がしっかり続けられて結果的に満足のいく結果を得られますよね。

 

最近の永久脱毛は昔に比べて痛くありませんし、また脱毛サロンに比べてもそんなに痛みのレベルでは大差ありません。

医療レーザーも最新器の開発が進んでいて、これからもより痛みを与えにくい工夫が施されたマシンが出てくると予想されますので、安心して脱毛してくださいね。

永久脱毛をするのに掛かる平均的な費用ってどれくらい?

永久脱毛とは、病院で受ける事ができる医療レーザー脱毛などの事です。

高いと言われがちな永久脱毛ですが、実際の費用はどのくらいかかるのでしょうか。

まず永久脱毛は何回コースを選ぶべき?

医療レーザー脱毛だと、永久脱毛の完了まで5〜8回ほどだと言われています。

ここまで通えば、概ね剃ったり、抜いたりが必要なくなる脱毛のレベルですね。

平均してVIOやワキなど毛が濃くて太い部位ほど回数が少なくて済み、手足など毛が細く産毛が生えている部位は回数を多く脱毛しなくてはならない傾向にあります。

平均して5〜6回も通えば、ほとんどの人はムダ毛がかなりキレイに処理されると思っていいでしょう。

全身永久脱毛に必要な費用は平均して50万円程度

全身を医療レーザー脱毛で永久脱毛したいと思った場合、価格はクリニックや病院で大きく異なります。

これは医療レーザー脱毛が自由診療であり、価格をそれぞれの病院が自由に決めて良い医療行為だからなんですね。

なので、リーズナブルなお値段で永久脱毛ができるクリニックを探す事が大切なんです。

一例として湘南美容クリニックだと全身顔からつま先まで脱毛して6回で435,370円、アリシアクリニックだと顔以外の全身脱毛+VIOを整えるコースで330,000円ほどです。

あくまでこの2つのクリニックはリーズナブルな事で有名な医院なので、概ね顔からつま先まで、まるごと脱毛したかったら50万円以上は用意したいところです。

本当に高い医院になると全身脱毛5〜6回で80万円以上という場合もあるので、同じ内容なら50万円前後で脱毛できる優良価格のクリニックを探す事が大切になります。

リーズナブルな美容皮膚科は首都圏に集中しているので、地方に住んでいる人は首都圏以外にも展開している湘南美容外科などが費用が低く抑えられてオススメですね。

体質に合わせてコースを考えるとお得

永久脱毛と言うと、脱毛した後はムダ毛がもう永久に復活しないような印象を受けますよね。

しかし、早い人で数か月後にはムダ毛が復活してしまう事も少なくないんです。

また毛深い人の場合、8回医療レーザー脱毛したとしても満足いく結果が出ない場合もあります。

体質によっては平均額より費用がかかる事も十分にあり得るんですね。

いっその事、毛深い体質の人や徹底的にツルツルになりたい場合は脱毛し放題のプランがあるクリニックを選んだほうが費用をぐっと抑える事ができます。

脱毛し放題プランがある医院としては、アリシアクリニックなどが有名ですね。

全身永久脱毛完了までの費用は概ね50万円以上と書きましたが、それはあくまで目安と思って下さい。自分の体質や希望に合わせてプランを選びましょう。

医療レーザー脱毛の安全性は大丈夫?

医療レーザー脱毛の安全性について

医療レーザ脱毛は効果も高く、医師や医師の監視下で看護師が施術してくれる安心して受けられる脱毛方法で知られています。

捉え方を変えてみると、「医師」や「看護師」といった特殊技能を持った人間でしか取り扱いできないような危険な方法で脱毛を行うということです。

一方で、近年は医療ミスなどによる事故も増えてきているので心配になりますね。本当に医療レーザ脱毛の安全性は大丈夫なのかを調査してみました。

永久脱毛の際に使用するレーザー脱毛器について

クリニックで使用しているレーザ脱毛を行う機器は、厚生労働省が認可したレーザ脱毛機器を使用しているクリニックほとんどです。

認可されていないレーザーは工業用として扱われ、使い方を間違えると危険です。

クリニックでよく使われているアレキサンドライトレーザー・YAGレーザーは、厚生労働省が認可している上に、アメリカのFDA(食品・医薬品安全局)にも認可されている安心の機器です。

※FDAの認可は厚生労働省の認可よりもより厳しいとされています。

医療脱毛の施術する人

医療レーザー脱毛は、医師、もしくは医師の監督の下で看護師が行うのが一般的です。准看護師は施術を行うことができません。

あまり知られていませんが、医療レーザ脱毛の施術者が看護師の場合も多くあることです。ですから、VIOラインは男性の医師ではなく、女性の看護師が良い場合は相談すると女性の看護師が施術してくれる場合もあります。

少し専門的になりますが、レーザー脱毛は医療行為です。

医療行為には絶対的医療行為と相対的医療行為があり、相対的医療行為は十分訓練された看護師に簡単な医療行為を任せることができます。

レーザー脱毛の施術は相対的医療行為ですから、看護師でも医師の監督のもと、施術することは問題ないとされています。

医師・看護師以外の資格

日本医学脱毛協会が認定している、医療脱毛の専門資格があります。

これらの資格を所有している医師や看護師がいるクリニックは、より安全性が高いと判断できます。

  • レーザー脱毛士
  • 認定脱毛士(針脱毛)
  • 認定指導士
  • 認定医

受験資格として、医師・看護師であることが重要です。

これらの資格がなくともレーザー脱毛の施術は可能ですが、クリニックにこれらの資格を持っている人がいると安心できますね。

医療脱毛の安全性まとめ

大きく3つに分けて、医療レーザ脱毛の安全性について説明しました。

機器や施術者、資格など細かく厳しく管理されている下で、医療レーザ脱毛が行われていることがよくわかると思います。

口コミや体験談、裁判の資料では、確かにレーザ脱毛により火傷や色素沈着などによるトラブルがあり不安点は拭いきれません。

実際、医療レーザ脱毛治療において、レーザ照射後の冷却に過失があり裁判になった損害賠償反訴請求事件もあります。

参考:http://www.iryoukago-bengo.jp/article/14357708.html

しかし、医療レーザ脱毛は日々進歩しています。

年間数千件の事例があり、事故が0といったクリニックも数多くありますから、公式ホームページなどをよく確認して安心して施術が受けられるクリニックを探してみてください。

その際には上記あげた3つのポイント(機器の種類・施術者・施術者の資格)をよく確認して探してもらえればと思います。

全身の永久脱毛をするにはどれくらいの期間が掛かる?

永久脱毛…といえば医療脱毛ですね。

脱毛サロンなどでの脱毛は永久ではありませんので、本当に二度と生えないように脱毛したいと思ったら、クリニックでのレーザー脱毛がオススメです。

永久脱毛の定義は、毛の再生率が20%以下である、という決まりがあります。

そう考えると、永久脱毛であっても毛が100%なくなる訳ではないようですが、ほとんどの人はそのまま生えてこなくなる事の方が多く、結果的に100%永久脱毛になる場合がほとんどのようです。

 

ニードル脱毛とレーザー脱毛の違い

 

クリニックで行う永久脱毛には、ニードルとレーザーの二種類の脱毛方法があります。

ニードル脱毛は電気脱毛の事で、毛穴に細い針を通し、毛根を直接電気で破壊するため、一度やればほぼ100%生えてくる事はないと言われる強力な脱毛方法です。

ただ、痛みが強いのが難点で、一本一本施術することから、相当な時間と費用がかかってしまうのもデメリットのひとつです。

ワキだけで2,3時間かかりますので、その他の広い個所などどれくらいの時間がかかるかわかりません。毛数があればあるだけ費用も莫大になります。

ですので全身を永久脱毛したいと思った場合、始めからニードル脱毛を選ぶのは控えた方がいいと言えます。

 

レーザー脱毛はいたくない?

 

レーザー脱毛は、レーザーで毛根を焼いて破壊する脱毛方法です。

ニードルのように一回やれば2度と生えてこないといった強力な効果はありませんが、エステや脱毛サロンで行う光脱毛と比べて威力は段違いで、永久脱毛の基準に充分な効果が得られます。

全身を永久脱毛しようと思った場合、レーザー脱毛の方が照射範囲が広く、施術時間もかからず、また値段もリーズナブルなため、始めはレーザーでの全身の処理を行った方がいいと言えるでしょう。

では、レーザー脱毛はどのくらいの期間がかかるのでしょうか?

医療レーザーでの全身脱毛は、一回3時間程度の時間がかかります。

広い部分ほど時間がかかりますが、回数をこなしていくと毛の量も減りますので施術時間は最終的に2時間程度になります。

レーザー脱毛は、毛周期に沿って、最低6回の照射が必要になります。

毛周期は2、3カ月を目途に巡りますので、およそ1年から1年半の期間が必要だと言えるでしょう。

 

この期間は脱毛サロンに通う期間と同じであり、どちらも照射という点は同じため、かかる時間もほぼ変わりません。

脱毛サロンに通う感覚でクリニックに通うだけですので、特別大変な思いをすることもありません。

医療レーザーは、脱毛サロンの光脱毛に比べて痛みが強いと思われがちですが、最新の脱毛レーザー機は痛みにとても配慮されたものですので、痛みが気になる場合はクリニックが最新機を導入しているか聞いてみるのをオススメします。