全身の永久脱毛をするにはどれくらいの期間が掛かる?

永久脱毛…といえば医療脱毛ですね。

脱毛サロンなどでの脱毛は永久ではありませんので、本当に二度と生えないように脱毛したいと思ったら、クリニックでのレーザー脱毛がオススメです。

永久脱毛の定義は、毛の再生率が20%以下である、という決まりがあります。

そう考えると、永久脱毛であっても毛が100%なくなる訳ではないようですが、ほとんどの人はそのまま生えてこなくなる事の方が多く、結果的に100%永久脱毛になる場合がほとんどのようです。

 

ニードル脱毛とレーザー脱毛の違い

 

クリニックで行う永久脱毛には、ニードルとレーザーの二種類の脱毛方法があります。

ニードル脱毛は電気脱毛の事で、毛穴に細い針を通し、毛根を直接電気で破壊するため、一度やればほぼ100%生えてくる事はないと言われる強力な脱毛方法です。

ただ、痛みが強いのが難点で、一本一本施術することから、相当な時間と費用がかかってしまうのもデメリットのひとつです。

ワキだけで2,3時間かかりますので、その他の広い個所などどれくらいの時間がかかるかわかりません。毛数があればあるだけ費用も莫大になります。

ですので全身を永久脱毛したいと思った場合、始めからニードル脱毛を選ぶのは控えた方がいいと言えます。

 

レーザー脱毛はいたくない?

 

レーザー脱毛は、レーザーで毛根を焼いて破壊する脱毛方法です。

ニードルのように一回やれば2度と生えてこないといった強力な効果はありませんが、エステや脱毛サロンで行う光脱毛と比べて威力は段違いで、永久脱毛の基準に充分な効果が得られます。

全身を永久脱毛しようと思った場合、レーザー脱毛の方が照射範囲が広く、施術時間もかからず、また値段もリーズナブルなため、始めはレーザーでの全身の処理を行った方がいいと言えるでしょう。

では、レーザー脱毛はどのくらいの期間がかかるのでしょうか?

医療レーザーでの全身脱毛は、一回3時間程度の時間がかかります。

広い部分ほど時間がかかりますが、回数をこなしていくと毛の量も減りますので施術時間は最終的に2時間程度になります。

レーザー脱毛は、毛周期に沿って、最低6回の照射が必要になります。

毛周期は2、3カ月を目途に巡りますので、およそ1年から1年半の期間が必要だと言えるでしょう。

 

この期間は脱毛サロンに通う期間と同じであり、どちらも照射という点は同じため、かかる時間もほぼ変わりません。

脱毛サロンに通う感覚でクリニックに通うだけですので、特別大変な思いをすることもありません。

医療レーザーは、脱毛サロンの光脱毛に比べて痛みが強いと思われがちですが、最新の脱毛レーザー機は痛みにとても配慮されたものですので、痛みが気になる場合はクリニックが最新機を導入しているか聞いてみるのをオススメします。